My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 07日

誰が奢るか

ルームメイトと話していて面白いのは、男の子と出かけたときに、レストランや映画で支払をどうするかという点で、日韓で差が出ることです。日本だったら、例えお付き合いしている場合でも、大学生ならば割り勘にしようというのがノームですよね。誰かに奢ってもらう、というのは、何か特別な場合だけだと思う。

ところが、韓国では、男友達と出かけたとき、払うのは絶対に男の人なんだそうです。これは、二人で出かけた場合だけでなく、グループ皆で遊びにいった時もそうなんだって。だから、女の人は携帯電話とリップグロスだけをミニバッグに入れて、出かければよいらしい。逆に、女の子のほうから「割り勘にしよう」とか、「私が奢る」とか申し出た日には、男性が怒るのだそうです、「俺は女に払わせるような男ではない!」と。

男女同権は財布から始まるのか、それともそんな些細なことを考えないのが韓国の文化なのか、ううむーーー。でもねぇ、大学生で奢ってもらうっていったって、結局親のすねを齧っているだけだしねぇ。私は、割り勘がすっぱりしていて、気持ちがいいけどな。でも、韓国には韓国の「あたりまえ」があって、郷に入りては郷に従えが良いんだろうな。

でも、奢り奢られの関係は、男女だけでなく、先輩後輩もそうなんですとさ。同じ学校の年下の友達と出かけたときは、ルームメイトは必ず自分が全部負担するそうです。一番辛いのは、年上の男性ですね。
[PR]

by my-salad-days | 2004-11-07 03:22 | Exchange


<< A stormy week      Freezingly Cold >>