My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 10日

下の投稿↓に続いて

昨日ジオポリティックスの今学期最後の授業が終わり、The Future of Global Warっていうのが締めのお題でした。冷戦終結後、歴史の終焉(実のところはフランシスフクヤマがつけた題ではないらしい)、独裁政治の終焉、ウエストファリア体制の終焉、戦争の終焉、予測性の終焉、戦争利益の終焉と、Endismが盛んに謳われるようになったけれども、これは19世紀末から20世紀初頭のヨーロッパアメリカでも主流な考えだったんだって。そのころはよもや、日本とアメリカが戦争をするなんていう考えは、一人を除いて誰も予想すらしなかったのだそうです。

将来戦争が起こるって言うアイディアは、それだけでDepressingだけども、じゃあ起こさないためにはどうしたらいいのか、真剣に考えるのだったら歴史から学ばなければいけないと思う。

卒論、日本史にしようかしら。
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-10 05:21 | Exchange


<< Le President de...      国連系? >>