My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 11日

幸せについて考えてみる。

なにやら哲学的な題になってしまいましたが、ワシントンは雨降りの金曜日、テスト勉強はちょっと横においておいて、幸せについて考えて見ます。うまく行かないペーパーを、とりあえず提出して、一区切りしたから、ちょっと気分転換。

幸せって、欠乏感がないことかな。つまりは、満ち足りることを知っている状態。その人にとって当たり前なことが当然として起こっている状態。飢えてガツガツしていない状態。大体、ものを生み出すことができる人は、幸せを知っているのではないか。

「当たり前のことが当然としてappreciateされている」みたいで、良かった。
If you wanna be happy, make yourself happy. これは、大変harshな言葉に聞こえるけども、それが感じられるから、安心しました。このブログを読んでいるかはわからないけど、まー一方的な理解だけど、いいさ。:D

よく訳のわからない、しかも英日チャンポンな文章ですみません。今晩は、ルームメイト達が誕生日お祝いにディナーに連れて行ってくれる予定であります。もうすぐ22歳、より豊かな日々を送れますように。
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-11 01:07 | Exchange


<< 青年海外協力隊なんてどうだろう?      Le President de... >>