My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 16日

充実感て

生まれて初めて、5000ワードを超えるエッセーを書いて昨日の夜中メールで提出しました。ベトナム戦争の内情を、少し詳しく知ることができました。本当はもっと早く終わらせて、今日の朝九時からあったアメリカ政治システムの勉強もしなきゃいけなかったんだけど、徹夜とビタミン不足のせいで、5時間ほど寝てしまいました。おかげで、政治システムのほうは、うーん、Cかもね。

外国語で勉強するって、効率を考えてはいけないのかもしれないんですが、すごく時間がかかります。リーディングマテリアルをこなして、理解はできても、表現するのに時間と手間がかかる。自分が理解していることを、フルに表現できない、というときのもどかしさ。しかも、私は自信がつくとしゃきしゃき勉強できるほうなので、逆に、こんなもどかしい表現しかできなくていいんだろうか、という自信のなさに気がめいります。かといって、勉強を放棄するわけにも行かないので、気分転換が下手になる。

周りの友人に、肩張ってるよーって、ここでも言われる。(笑。エミ読んでるかしら)余裕ないのね、って言われるんだけど、余裕、本当はのどから手が出るほど欲しいのよ。でも、言葉の壁を乗り越えるのは、やっぱり最初は一人でこつこつ辞書を引くしかないし、時間がかかるけど締め切りはやってくるし、でも人間関係は生ものでタイミングが重要だし。「典型的」日本人であるという枠から、自分を解き放ちたいのです。自分の存在をつたない表現で終わらせたくないのです。が、少しでも多くの言葉を自分のポケットにしまおうとすると、七転八倒で。体をこわばらせず、勉強に浸るにはどうしたらいいのかね。まだまだ緊張は解けません。でも、どうでもいいって考えたくないから、あきらめられないんだよねぇ。

ルームメイトの、ギターと歌声が隣の部屋から響いてきます。彼女は最近アイポッドを買ったんだけど、私もクリスマス+誕生日お祝いに、自分にアイポッドミニ(断然グリーン)を買おうかな。

さー、あと一個、土曜日にジオポリティックスがあって今学期が終わりです。ギルピン、カプチャン、タムネン、オルガンスキー、アイケンベリー、ミアシャイマー、ウォーラーステイン、ラスラー&トンプソン、ウォルツ、今学期一番時間を費やした授業です。最後は笑顔で終わらせようではないか。
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-16 01:55 | Exchange


<< Role models      青年海外協力隊なんてどうだろう? >>