My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 06日

Clear View from Lauringer 5th Floor

雲ひとつなく暖かく晴れた土曜日、外に遊びに行くのに絶好な休みなんですが、図書館五階の窓際で一日が暮れてしまいました。図書館の南側はポトマック河に面していて、ウォーターゲートホテルやワシントンメモリアルが遠くに、それに日が暮れると河向こうのロスリンの高層ホテルの夜景がきれいなんです。

週明けの火曜日にブリーフメモランダムが二つ、アメリカのハイチ介入と、日本の領土の基本線についてが、締め切りです。

木曜日には、アメリカ-中国外交についてのプレゼンがあります。7分以下。ジョージタウンで初めてするプレゼンで、しかも院生の人たちや、「中国はかくあるべき、アメリカはそれにどう対処できるのか?中国は二千○○年までに、覇権国家に登りつめ、その権力は戦争を回避してアメリカから移譲できるのか?」とか、まぁ、熱く息巻く人もいるクラスなので、緊張気味。課題図書は、あと残り90ページ。アメリカと中国って、意思が通じることはあるのかね。

とはいっても、あと一時間勉強を頑張ったら、大学であるアカペラコンサートに行ってきます。
[PR]

by my-salad-days | 2005-02-06 08:05 | Exchange


<< 中国      Embracing Defeat >>