My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 22日

昨日は

大学に、ヨルダン(注:最初シリアと書いたけど、それは間違い)のアブドラ王が来ていて、SPと警察と、メディアと、それから少数ながらもプロテストする人々が居て、ヒーリーゲートのあたりは緊張した雰囲気でした。なぜ、国王が大学に来ていたかというと、名誉学士(いや、修士?博士?)をジョージタウンが授与したからで。

中東関係って、なんだか複雑そう、で今まで切り捨ててきたんだけど、ソマリアーアフガニスタンのクラスでは、北東アフリカからイラク、アフガニスタンのあたり(このへんは、CENTCOMの管轄下)のことばっかりを扱っているので、もはやそういう訳にも行かない。

皆様、充実した一週間を!

追記
アブドラ王は、ジョージタウンのMSFSに在籍していたこともあるらしい。それから、噂に聞くと、ギリシャのプリンスも、学部の一年生で寮に住んでいるのだそうな。はーい、単なるミーハーです。
[PR]

by my-salad-days | 2005-03-22 22:17 | Exchange


<< イギリスに行きたい病      Excuse >>