2005年 04月 14日

日中関係悪化 (特にオチは無し)

北京では大使館に投石され、韓国市場からは日本企業排斥の動きが始まり、北朝鮮からは6カ国協議からの日米撤退を申し付けられる。なんだか日本の東アジアにおける立場、どんどん居心地悪くなっていますね。

1999年にアメリカとNATOがユーゴスラビアを空爆中、在ベオグラード中国大使館を誤爆した直後、同じように在北京米国大使館が大衆デモにより襲撃を受ける、ってことがありました。1999年には米中関係は最悪化した、と言われていますが、その二年後2001年には、アメリカは中国に貿易上の最恵国認定を与えた。

もちろん、アメリカと日本は、軍事でも、経済においても、歴史的背景においても、中国に対する立場が違うから同じ比較をする事はできないけど、アメリカがそうならなかったように、悪化する中国の反日感情に対抗して日本(政府だけでなく、世論も含め)が、アンチ東アジアに走ったりしたらまずいと思います。

日本人の歴史理解は歪曲されている、ということが、デモの背後にある不満なんだと、中国政府高官はxinhua newsでコメントしていましたが、本当にそれだけかな。日本の国連常任理事国入りの提案と時期を同じくして、デモが起きているのは、やはり純粋に歴史問題だけがネックなのではないのでしょう。つまり、歴史問題は、ただの理由付け、攻撃対象になっているだけなんだろうな。

20世紀に起きた事は、今更変えられ様が無く、でもかといって、忘れていいわけではない。ただ、韓国においては1904年以降、中国においては1931年以降の歴史を、受け止めて生きていく事が大事なんだと私は思う。でもかといって、ここら辺の事情を細かに知っているわけではなく、そりゃあもう勉強不足。Defiance in Manchuria を読まなければ、とは思っているんですが、ペーパーの締め切りに追われている今はちょっと後回し、、、この状態がずっと続いている。

私は、「自分探し」とか、「アイデンティティーの確認」とかは、ティーンエイジャーにだけ許される贅沢なんではないかと思う。しかも、これは誰かに強制されるものではない。よって、日本人に愛国心を植え付けるのは、無理な話だと思う。だって、日本人は日本人であり、それ以上でも以下でもないからさ。日本に住んでいると日常は気づかないだけで、他と比べれば一目瞭然だもの。だから、大騒ぎするこたないんじゃないのか?

日本が好きですか?と聞かれたら、「好きも嫌いも無いね」というのが私の答えです。あなたが今吸っている空気が好きですか?という質問と変わらないと思う。そりゃあ日本の社会って、いろいろと不都合な事って多いと思うけど、仕方ないよね、流水が石を穿つように不都合を変えていくしか。結局は変わらないかもしれないし。

国民気質、みたいなものは、あまり当てにならないと思っていたのですが、意外や意外。今の大学のクラスでは、皆さん、「アメリカの国際社会における使命は、民主主義と自由の普及だ!」って信じている人が多い。で、それを実行できるんだって、単純にポジティブシンキングしている人が、たくさん居ます。それはそれで、価値のある事だと思う。もし、他文化や、キリスト教以外の宗教に敬意を払えるならば。

中国の国民気質って言うのは、私はよくわからないんだけど、どんなのだろう?
[PR]

by my-salad-days | 2005-04-14 04:38 | Exchange


<< 忙しいって言っちゃだめだ      The Hoya >>