2005年 06月 14日

My salad days never end, but

ちょうど10ヶ月前、DCに知り合いは一人も居ないまま留学に来て、「それでもきっと困ったら誰かが助けてくれるさ」って楽天的な気持ちで飛行機に乗った。英語圏とはいえ、長期一人で外国に行くのは初めて。英語は困らないはずだけど、実際にそれからの留学生活がどんな風になっていくのかも、予測がつかなかった。

日本の大学で、何だか将来も勉強も、自分の立場も閉塞感に覆われていたから、たった10ヶ月の留学も、そんなに大した事ないんじゃないかって、思っていた。ところがそれは大間違い。新しく学ぶことが山のようにあり、人に出会うのがこんなに楽しいってことを、一年前は知らなかったと思う。

留学での大きな収穫は、自分に自信を取り戻したということかしら。肩肘を張って頑張る時期もあるけれど、そればっかりで物事がスムーズに進むわけではない。一旦体の緊張を解いて、状況を楽しんで出来る所から片付けていく、という心構えがどうしても必要。それは、一緒に日本の他の大学から来ている交換留学生の友達や、リエさんから見習ったやりかただった。物事は、悪くとらえればとことんネガティブ螺旋を巻き始めるし、それがほとんど命取りになることもあると思う。Manageしなさい、Manage!っていうのが、ICUに入ってすぐに受けた経営学の授業で、ムーミン教授が言っていたことだけれども、なんとかしてマネージするには、長期的にはPositive & Creative Thinkingが不可欠だ。来てすぐの秋学期の授業では、TAだったShaunaに創造性の大切さを思い出させてもらったと思う。

それから、いつも会うたびにもっとassertiveになるんだよ、と背中を押してくれた Scott、you are a great guide into the American society and its culture. I don't think I always deserved to be that assertive, but your encouragement gave me strength.

D, we fought through Geopolitics and other hard core classes, and we did it. You are my buddy.

長い間同じ部屋に眠ったAnne, このページ日本語で書いているから読めないけど、We were the best match, that's what I wanted to say over the phone. We are so different, but we matched so nicely.

出会いは人を豊かにするね。10ヶ月前には全く知らなかった人々が、今は私のDC生活の一部なんだもの。これからも、よろしくお願いします。

明日、6月14日のお昼12:20発、全日空便NH001で成田に行きます。東京に着くのは15日の夕方3:20。あと24時間後には、東京に居るのだ。

始めてから約一年経ったこの My Salad Days、実は今日で終わりにしようと思っています。今まで毎日見てくれていた私の友達、どうもありがとう。これからは、ブログを介さなくても多くの友達とコミュニュケーションをもっと取っていきたいと思っているよ。

And last, my special thanks go to my parents and my sisters. Thank you for your financial support, I can say I got more than you invested. I cannot wait to go home. Home, home!
[PR]

by my-salad-days | 2005-06-14 15:26 | Exchange


     熱い夏を! >>