My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 04日

腹が減っては戦はできぬ

 今晩は、留学生の友達とルームメイト二人、それから私の四人で晩御飯を作って食べました。パスタを私が作ったので、日本で言う「ミートソース」スパゲッティーがみんなの口にあったかは分からないけど、とりあえず皆平らげてくれました。ヨカッタヨカッタ。自分ひとりで作って食べるよりも、誰かと一緒におしゃべりしながら食べたいからね。

 日本を離れる前に、アメリカでの生活に不安を感じていたかと言うと、そこまでではなかった。きっと、困った場面では誰かが助けてくれるだろう、何とかなるさと、お気楽に考えていたから。実際に、周りにいる友達が助けてくれるし、授業も何とかなる、何とかする、と思っています。

 人間関係の綾も、友達に対する気遣い(時には気苦労)も、日本だろうがアメリカだろうが変わらない。これは、イギリスに居た頃はあまり気づかなかったことだけど、今は英語で心理的ニュアンスまで読めるようになったからかな。それとも、歳の違いでしょうか。

 英語はね、もっと滑らかに喋れればいいのに、と切実に思いますが、これもきっと時が解決してくれるでしょう。まだ英語で呼吸している感じではありません。グラマーを考えながら話してしまうし、三単現のSをしょっちゅう取り違えるし、過去形をごっちゃにしてしまうし。もう少ししたら、このブログも全部英語にしようかな。(そしたらカウンターの増え幅が大きく減ったりして。)

 Anyway, I hope that time will tell.
[PR]

by my-salad-days | 2004-09-04 11:03 | Exchange


<< Lazy Labour Day      Classes started! >>