My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Exchange( 130 )


2004年 09月 09日

Drinks at TOMBS

Tonight my roommates took me to an American style bar right across my
apartment. (Which means, right across the Exorcist staircase as well.)
I had some alcohol outside for the first time here. Yey! (Father and
Mother, don't worry, I am doing OK!) Drinking alcohol while under 21 yrs
old is strictly prohibited here in DC, and the guys at the bar entrance
check every single person's ID. They gave me a stamp on the right
hand, which looks like a tatoo now, and I was able to order the alcohol.
We cereblated the job offer announced to one of my roommates from
Goldman Sachs in NY. Congratulations!

I think the time is approaching for me to decide my future, at least in
five years of time span. Slightly scared, but full of hope, I will make up
my mind.
[PR]

by my-salad-days | 2004-09-09 13:18 | Exchange
2004年 09月 09日

The need of change, again

The highlight of my class schedule during the weekday is Wednesday,
which is today, because I have four classes in succession. It starts from
8:50, US political system, followed by a history class "US since 1945"
which I audit. In the afternoon, Geopolitics and Political Legitimacy/
Identity in SE/E Asia complete the schedule. I feel more optimistic than
I felt last week, because I have the notion that if I can overcome one
thing, I will be able to go through it.

That one thing is that I need to change my attitudes towards study.
More responsive, reactive attitudes are necessary in order to commit
myself to the classes. And, this attitudes are required when I start
reading assignments. I need to get ready to give opinions whenever it
is necessary, and putting thinking for later should be considered the
same as not thinking.

"Critical Thinking" was the key words that my home universtiy favoured
a lot, but thinking should be accompanied by speaking out, or rather,
interactive communication with other people. In my case, I am slow in
responding to the comments that profssors make, and hardly ready to
raise questions or my opinions when asked to do so.

May be this is why Japanese people are considered to be quiet in
situations when they are given the opportunity to speak. Besides the
linguistic problems, those who are brought up in Japanese education
system are not accustomed to be reactive to the lecturers. It may
perhaps be because of the confucian idea that students are not
supposed to give their opinions to teachers.

Anyways, excuses can explain anything. It is my responsibility to make
a change.
[PR]

by my-salad-days | 2004-09-09 07:22 | Exchange
2004年 09月 07日

Lazy Labour Day

Today, Monday 6th of September is a national holiday in US. There are no classes, banks and offices are closed, and students are enjoying the last minutes of the holiday season. We had girls' PJ party in our room last
night, and I came to know most of the good friends of my roommates.
Another thing I found here is that people study hard, and they play hard. Once they start studying, which has already occured in my apartment,
they do almost everything they have to do. No neglection in the reading
assignments, no compromise in preparation.

a0022830_519361.jpgBy the way, have you seen the film "Exorcist"? I haven't, but I am living right across the staircase they used in the film. It is realy steep and
long. Every time I go down there to go to M Street or Potomac River
side, my hand grasping the handrail sweats, and I go down the stone
steps one by one. One interesting
thing is that the movie theater in
Georgetown have this more-than-
30-year-old film on screen in
September and October every year.
I think I must see it once before
the Halloween. I don't like horror
movies much, but let me compare
"Exorcist" with "The Hounted" which was the first film I saw in Cambridge
with my friend (do you remember that, dear? ), "Sleepy Hollows", "The
Final Destination", and "Ring", the Japanese version, which I saw only
one time.
[PR]

by my-salad-days | 2004-09-07 05:18 | Exchange
2004年 09月 04日

腹が減っては戦はできぬ

 今晩は、留学生の友達とルームメイト二人、それから私の四人で晩御飯を作って食べました。パスタを私が作ったので、日本で言う「ミートソース」スパゲッティーがみんなの口にあったかは分からないけど、とりあえず皆平らげてくれました。ヨカッタヨカッタ。自分ひとりで作って食べるよりも、誰かと一緒におしゃべりしながら食べたいからね。

 日本を離れる前に、アメリカでの生活に不安を感じていたかと言うと、そこまでではなかった。きっと、困った場面では誰かが助けてくれるだろう、何とかなるさと、お気楽に考えていたから。実際に、周りにいる友達が助けてくれるし、授業も何とかなる、何とかする、と思っています。

 人間関係の綾も、友達に対する気遣い(時には気苦労)も、日本だろうがアメリカだろうが変わらない。これは、イギリスに居た頃はあまり気づかなかったことだけど、今は英語で心理的ニュアンスまで読めるようになったからかな。それとも、歳の違いでしょうか。

 英語はね、もっと滑らかに喋れればいいのに、と切実に思いますが、これもきっと時が解決してくれるでしょう。まだ英語で呼吸している感じではありません。グラマーを考えながら話してしまうし、三単現のSをしょっちゅう取り違えるし、過去形をごっちゃにしてしまうし。もう少ししたら、このブログも全部英語にしようかな。(そしたらカウンターの増え幅が大きく減ったりして。)

 Anyway, I hope that time will tell.
[PR]

by my-salad-days | 2004-09-04 11:03 | Exchange
2004年 09月 02日

Classes started!

Today was the first day of the classes. I had 3 courses today, all of
them I find challenging. Challenging in terms of the common knowledge
I have about US politics, in terms of the amount of readings given, and
the language skill. The 3 are "US Political System", "Geopolitics",
"Political Legitimacy and Identity in E/SE Asia".

US Political System Prof. Wayne
This is an introductory course to US politics. All the government major
students are taking it. Although this is introductory, I found it difficult to
share the laughter with other students when prof. makes jokes. So, I
decided to keep reading Washington Post everyday.

Geopolitics Prof. Pirtle
The prof. of this class is famous for his tyrannical way of teaching the
classes, although his basic principles are legitimate. He used to serve
in military, and the rules apply to the classroom as well. Still, I think I
can learn a lot from this course. This is a kind of classes that my home
university doesn't offer. We read books by Ikenberry, Measheimer,
Tammen, Kupchan, Gilpin etc. The empahsis he puts on this class is the
knowledge and theory rather than classroom discussion.

Political Legitimacy and Identity in E/SE Asia Prof. Steinberg
After Geopolitics with Prof. Pirtle, the prof of this class, who is actually
the head of Asian Studies in GU, seemed like a sweet angel to me. This
is a small class of 10 students, and we will have interactive class
discussion. I have been looking forward to this class since I applied to
GU.

After all, I felt hyper-exhausted after the 3 sessions, so I had a nap
back in my dorm. Can I go through it? Let me see.
[PR]

by my-salad-days | 2004-09-02 13:04 | Exchange
2004年 09月 01日

日曜日

 この日曜日は、地域の人々が留学生をお世話してくれるプログラムで知り合いになった、サリーの家と教会の礼拝に行ってきました。サリーのうちはワシントン,DCから車で15分ほど離れたバージニアのアレクサンドリアという町にあります。

 今度の日曜日に教会に一緒に行かないか、と誘われた時には、カトリックの礼拝はどんなものだろうかと考えていたのでしたが、これは私の早とちりでした。ジョージタウン大学自体がイエズス会カトリックなので、そこに集う人ももちろんカトリックだろうか、と考えたことから生じた勘違いだったんだけど、彼女とそのファミリーはプロテスタントでした。何故私がこの点にこだわるかと言えば、一度もカトリックの礼拝に参加した事がないからで、しきたりの多いところに行って面食らうのが恥ずかしいなと思ったからです。

 実際に車に乗っていった教会は、全く厳かな感じではなく、すり鉢状になった席の一番底に、コーラス隊がおり、アップビートに乗った讃美歌を中央で牧師さんがマイクを握って歌い、人々も楽しそうにハモッテいました。賛美歌が終わったら、この日は特例としてアフガニスタンで孤児院の世話をしているという、宣教師夫婦のお話がありました。このカップルは、教会からの援助を得て孤児院を建て、見捨てられた子供達の世話をしているそうです。話は、涙を誘う話もあり、またモスリムの人たちを "ugly" と形容する無理解さもあり、聞いていて複雑な気持ちになりました。長い間戦場だった国で、親もなく障害を持つ子供達へ愛の手を差し伸べるという社会的人情と、キリスト教至上主義の考え方と、両方ともが混ざった感じで、評価がしにくいな。。。。信仰と政治が両立しない様を見てしまいました。

 礼拝の後は、サリーと旦那さんの運転する車に乗って、一家のおうちへ行き、二匹の犬の熱烈な歓迎を受け、ディナーランチをご馳走になりました。パーフェクトに整えられた食堂と、陽のさんさんと差し込む台所、室内の壁の色は桃色で、アメリカのお家でした。

 帰りがけには彼女の好意でグローセリーストアに連れて行ってもらい、何人分を料理するのだ???というぐらい缶詰や小麦粉(オーブンがあるから)、パスタ、バター、ミネラルウォーター等を買ってきました。因みに、ワシントンDCでの水道水は、飲んだらだめよと友達に忠告されました。確かに塩素のにおいは強い。それから、インゲンやほうれん草、トマト、モモ、冷凍食品もカートに入れて、お会計は $70也。これで数週間は重いものを抱えて買出しに行かなくて済むでしょう。帰りがけは、サリーの車で寮の部屋まで送ってもらい、またもや至れり尽くせりになってしまいました。今日の朝、彼女にお礼状を贈ったから明後日には届くでしょう。

 大学にミールプラン(食堂での食事計画)はないのかって?高いんですよ。一週間に24回まで食べられる一番安いプランで、1回当たり$7(=¥700)。しかも毎食+三回のエクストラ、というペースでバーガーやオニオンリング、BBQグリルなんて食べられたものではありません。料理している間は気分転換にもなるだろうから、自炊しようと思うよ。

 今までに3軒の店に行ったけれどいまだ見つからないのが、コーヒーを入れるときのカリタです。コーヒー豆も、ペーパーフィルターも買ったのに、カリタが見つからない。あれは日本の製品なのか?スターバックスにさえ、陶器/プラスチック製のカリタを置いていないの。どうやら、アメリカの家庭ではコーヒーは電動コーヒーメーカーで入れるものと相場が決まっているみたいで。そこで、今日はルームメート達に怪訝な顔をされたけれども、電動コーヒーメーカー用のフィルターホルダーとガラス製のコーヒーサーバーを買ってきました。さて、これでちゃんと明日の朝はコーヒーが飲めるかな?コーヒー大好きな私には、死活問題です。
[PR]

by my-salad-days | 2004-09-01 11:08 | Exchange
2004年 08月 29日

Night Drive in Washington, D.C.

 D.C.で使える携帯電話を買いました。一年もしないうちにアメリカを離れるし、日本で言う住基ネットと同じSocial Security Number も持っていないので、保証金は目玉が飛び出るほど高かったです。でも、まあ日本で言えばドコモみたいな会社のにしたので、いつでも電波は届くでしょう。番号を知りたい人は、メールください(笑)。
 買った機種はKyocera、一番クールなのは日本ではもう当たり前になったパコパコするやつですが、電話とText Message ができればいいやと思って、折り曲げないやつにしました。分厚くてコロコロしています。My roommate helped me a lot when buying it.
Thank you, though I have said that to you!

 夕方からDCの中心街へ車で出かけました。アーリントン墓地、キャピトル、フランクリン・ルーズベルト・メモリアル公園、ジェファーソン・メモリアル、どれも夕闇の中でライトアップされてきれいでした。きれいだったけど、若干の違和感を感じたことも間違いない。きっと、この微妙な違和感が、国際政治を勉強する原動力になるんだと思います。

 " The only thing we have to fear is fear itself." by F. D. Roosevelt
[PR]

by my-salad-days | 2004-08-29 12:25 | Exchange
2004年 08月 28日

 寮の自分の部屋にインターネットがつながり、やっと自分のラップトップから日本語で書き込みができるようになりました。私の住んでいる寮は、4年生ばかりのフラットのようなところで、二階にベッドと勉強部屋+シャワーと洗面所、一階にキッチン(オーブンつき!)とリビングがあり、ここに入れたのは随分ラッキーみたいです。

 昨日、私のルームメイトが到着して、やっと寮の部屋での一人ぼっちから解放されました。4人で住む大きなフラットなので、この一週間ほど、夜中物音がするたびにビクビクしていたのです。友達から、夜道を女の子が一人で出歩いたら、命と財布の安全はないよといわれているので、建物の中にさらに鍵のかかるドアがあるとはいえ、一人で寝ていて夜中誰かが部屋に入ってきたりしたら恐いなと思っていたところでした。

 ジョージタウンに住む人々と、この大学に通う学生・教授・事務職員の人たちは、アメリカの中でもごく一部の、恵まれた人たちのようです。大学には、ケンブリッジのカレッジにも遜色のない古い石造りの建物が並び、図書館やインターネットの設備は万全に整えられている。この大学に注がれている富の大きさを考えると、日本の大学が吹っ飛んじゃいはしないでしょうか。でも大学の正門から一歩外に出たら、教会の入り口の石段にはホームレスの人々がベッグしているわけです。まだキャピトルヒルのほうには行ったことがないので、ワシントンDCの他の地域の事は分からないけど、ジョージタウン大学のファビュラスさは特別なんじゃないでしょうか。

 そうそう、ここには蚊が沢山居ます。なぜか知らないうちに、腕や足に刺されている。この蚊たちは、ポトマック河でボウフラだったのか、それともホワイトハウスのプールで孵化したのか、興味深いところです。
[PR]

by my-salad-days | 2004-08-28 03:42 | Exchange
2004年 08月 25日

Hello from Georgetown

Thank you for those of you who are checking this site regularly. Three
days have passed since I arrived here in DC. Sorry for typing in English,
but my lap-top is still off line. Things are going alright, I find problems in
speaking English, though. It is just expressing my point of view is a
frustrating (but hopefully full of pleasure) labour, especially when
speaking with the natives.

One thing I can say about this place here, however, is that THIS IS A
GREAT PLACE! YEY! Other exchange and international graduate
students are just "awesome", I will be greatly encouraged and inspired
by them and hopefully I will be able to contribute to them as well. I am
really excited about the coming weeks.

PS. I had no troubles at Chicago Ohare, no problems at the immigration
office! Though the flight was long and the plane from Chicago to WDC
was so small that there were only 64 seats for passengers, I had safe
trip to DC. And my hostmother, who kindly picked me up from the airport
to my university dorm, greatly helped me move in to the dorm. Without
her help, I guess I could have done nothing.
[PR]

by my-salad-days | 2004-08-25 12:47 | Exchange
2004年 08月 21日

出発

今日から、とうとうイクスチェンジ生活の始まりです。
やっとこのブログが、本来の目的を果たすときが来ました。

とにもかくにも、今言いたいことは、
今回の渡米を応援してくれている両親、祖父母、妹たち、友たち、先生方に
ありがとうを。

乗り継ぎのシカゴ空港で迷子にならないか、心配と言えばそうなんだけど(苦笑)

楽しんでいってきます!
[PR]

by my-salad-days | 2004-08-21 01:29 | Exchange