My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Exchange( 130 )


2005年 03月 23日

イギリスに行きたい病

なんか最近、ふとした瞬間に、ケンブリッジに行きたくなる。なんでだろう?自分の記憶をたよりに、街を思い起こそうとするんだけど、なぜか、バラバラにしか思い出せないのです。ミッドナイトサマーズの広場の後ろに、バス停があって、中心部に入ると郵便局の隣にアイスクリームショップがあって、シドニーサセックスカレッジの前には古本屋さんが、それから、マリーナとよくコーヒーを飲みにいったコスタリカっていうコーヒーショップが向かいにある。でも、そこから先は、何となく霞んでしまい、地理的につながっていない。上の地理感覚だって、あやふやなんですが。アールヌーボー建築のチョコレートショップはどこにあったっけ?街の中心の市場から、東に行くと、キングスカレッジ?モンスーンは、コスタリカの隣だったか?

今まで、あまり強烈にはもう一度訪れてみたいって思っていなかったのに、この感覚、何なんでしょう?しかも、なんだか、地理を思い出そうとするところ、ちょっと頭が変になっているのかな?
[PR]

by my-salad-days | 2005-03-23 14:24 | Exchange
2005年 03月 22日

昨日は

大学に、ヨルダン(注:最初シリアと書いたけど、それは間違い)のアブドラ王が来ていて、SPと警察と、メディアと、それから少数ながらもプロテストする人々が居て、ヒーリーゲートのあたりは緊張した雰囲気でした。なぜ、国王が大学に来ていたかというと、名誉学士(いや、修士?博士?)をジョージタウンが授与したからで。

中東関係って、なんだか複雑そう、で今まで切り捨ててきたんだけど、ソマリアーアフガニスタンのクラスでは、北東アフリカからイラク、アフガニスタンのあたり(このへんは、CENTCOMの管轄下)のことばっかりを扱っているので、もはやそういう訳にも行かない。

皆様、充実した一週間を!

追記
アブドラ王は、ジョージタウンのMSFSに在籍していたこともあるらしい。それから、噂に聞くと、ギリシャのプリンスも、学部の一年生で寮に住んでいるのだそうな。はーい、単なるミーハーです。
[PR]

by my-salad-days | 2005-03-22 22:17 | Exchange
2005年 03月 17日

Excuse

なんだか、このブログへの書き込みが、ありふれた日常のどうだっていいことばかりになっている気がするので、「本当にこれは書き込まなければ」と思う事柄に出会うまで、ちょっと投稿はお休みします。

最初にこのブログを作った時は、価値のあることを書こうって張り切っていたのに、なんだか最近、なあなあになっている気がするから。感性が鈍ってきているのかな。

"I would like to spend the night reflecting on the events we experience here at Robeson." - G

Reflection, yes, that is what college students often times miss.
[PR]

by my-salad-days | 2005-03-17 11:43 | Exchange
2005年 03月 16日

Iran Contra Affair

なんだか冴えない火曜日。

ルームメイトに、「あ”ー自己嫌悪だ〜」と叫んだら、「それでいいのよー」と返事が返って来て、私は今まで彼女に、「自分を嫌になる必要はないわ」とか返していたので、どちらの返答の方がスッキリするかというと、前者だと分かる。

明日までのペーパープロポーザルが一枚。
トピックは、レーガン政権の、イランコントラ事件における、大統領の権力の上下について。1986年の話だから、私はまだ4歳。
[PR]

by my-salad-days | 2005-03-16 14:44 | Exchange
2005年 03月 13日

Back home, DC

a0022830_16401969.jpga0022830_16354356.jpga0022830_1634362.jpg
[PR]

by my-salad-days | 2005-03-13 16:36 | Exchange
2005年 03月 13日

昨夜10時に

7時間のドライブをへて、ノースカロライナから帰って来たところで、疲れているけど忘れないうちに書き留めたいことがあるからクイックノート。しかも、日本語で喋る機会がない一週間だったので、なんだかこうして日本語で書いているのが変な気がする。

It was great that I joined the trip to NC. It was good that I had a chance to live in the same house with the other 9 American kids, and that I felt so at home with them. It was very relaxing that we worked and played in the nature, cutting trees and rowing in the river and all that kind of staff. I love that.

"These knives are... sucks!" People made fun of me when I meant "those knives suck!" I wish if I could speak English perfectly, but often times, language does not matter much. Perfection will catch me up sooner or later.

I just appreciate the fact that I became friends with impressive people during this trip. Getting to know Stacey, Rashida and Greg quenched my thirst that I had had since I felt somewhat overwhelmed by Georgetown. I cannot wait to hang out with you guys!

C'etait bien que j'avais quelqu'un qui peuvait parler bien francaise, aussi. On continue le practice, Laura!
[PR]

by my-salad-days | 2005-03-13 16:04 | Exchange
2005年 03月 10日

Hello from Robeson County, North Carolina

I am in Robeson County in the southern North Carolina. Things are so different from DC, but other members in this trip and I are having fun! NC is in the south. We did canoeing, pottery, working in the woods, dancing, cooking, talking (on deep, serious topics =), meeting with the local poeples (Lumbee people= native American, African American, and European-descendant American)!

Yes, my boat capcised in the Lumbee river, but I got to know how to get out of the cold stream and go back to my boat. (Actually we were helped by another boat nearby.)

My travel mates are awesome, I met many who are difficult to find in normal days of Georgetown. (That means, they are eclectic.)

I have 3 more days here, I will enjoy the time here, and hope to get back to you on Saturday this week from my own PC.
[PR]

by my-salad-days | 2005-03-10 12:18 | Exchange
2005年 03月 05日

Rendez-vous avec Y a DC

今日は一日、日本から遊びにきてくれた友達と,ワシントン市内の観光。Washington National Cathedral, Islamic Center, White House, National Gallery of Art, Capitol Hill, the Library of Congress, the Supreme Court, Hotel Mandarin, Four Seasons Hotel in Georgetown, それから夜はルームメイト達と一緒に、バージニアで韓国料理を食べに行きました。

a0022830_1356927.jpgイスラミックセンターは、ワシントンの大使館通りの中程に、こつ然とモスクが構えていて、ここはトルコか?という雰囲気です。(トルコには行った事ないから、実際のところは知らないけど)ちょうど礼拝の時間に重なっていて、男性たちは走ってモスクの中に駆け込み、ベールをかぶった女性たちは違う部屋に入って行きました。髪を隠していない東洋人の私たちは、柵のそとからしばらく中を眺めて去りました。

ホワイトハウスはいつも通り、警官がいたる所にたっていて、ピリピリ。ここでもまた、友達と会う約束をしていたのですが、タイミングが合わなくて会えず。また日本に帰ったら会おうね。


a0022830_1357695.jpgナショナルギャラリーは、私のおすすめの部屋だけを案内。ピカソ、モネ、ゴーギャンの絵が掛かっていて、ソファーに座ってぼーっとできるところです。人もそんなに居ないから、ゆっくりできます。

国会図書館は、実際に蔵書がある部屋までは行かなかったけど、内装が美しかったです。日本の国会図書館はどんな雰囲気なのかな。ちなみに左の写真は最高裁判所。





ホテルマンダリンは、去年ポトマック河沿いにオープンした、香港系超高級ホテル。二人でトイレをチェック。石鹸はラベンダーのにおいで、感動したのは手を拭く紙タオルが不織布だったこと。(しょうもなくてすみません。)レセプションに掛けてあった大きな絵は、国会議事堂ーワシントンメモリアルーリンカーン像が見渡せるモールをバックに、華やかな民族衣装を着た東洋人と猿がブランコを漕いでいる,という構成。やっぱりね。でも,このホテルは市の中心からは少し離れていて、ちょっと不便だよねーと言っていたら、表側玄関にはリムジンが止まっている。やはり、ここに宿泊する人は、リモで乗り付けるのだ!二人で、「きっといつかここで、働いてみたい/泊まるご身分になりたい!」という野望を胸に、ドアマンにドアを開けてもらって去りました。

フォーシーズンズホテルは、ただ今改装中で、レセプションも狭くなっていました。7月には工事が終わるのだそうです。

今日は、随分歩き回り、市内バスを乗りこなした日でした。福岡は市内移動に西鉄バスを使うのが普通なんだけど、私はバスに乗るのは好きだな。確か,沖縄に行ったときもバス乗っていたし。1ドル25セントで随分乗りこなしたよ。
[PR]

by my-salad-days | 2005-03-05 13:58 | Exchange
2005年 03月 03日

Woodrow Wilson Center

US/Major Powers in Asiaのクラスでアナウンスがあった、"China's Economy: Retrospect and Prospect"というパネルディスカッションを聞きに、午後はバスに乗って市の中心へ。場所は13th and Pennsylvania Avenue(ホワイトハウスと国会議事堂の間)にある、ウッドローウィルソンセンター

どの発表者のプレゼンも、面白かったが、自分には経済の知識が足らないと痛感。日本に戻ったら、ミクロ経済と金融をとらないとな。貿易収支とか、株/為替市場の話がでてきても、よく仕組みが分からないもの。

発表後の質疑応答のなかで、ヘリテージ財団からきた男性が、"I have a troubling concern that even if Chinese economy expands at the present pace and the society becomes wealthy and pluralistic, the authoritarian Communist government will not accept the change. I wonder how democracy and civil society in China would blossom without the regime change." (正確には覚えていないので、言葉は違うかも。でもだいたいこんな意味。)という質問をしていて、コンサバな人は本当にこんな風に考えるんだと分かった。パネリストたちは、一瞬返答に詰まっていたが、「自分たちは中国の共産党体制は一夜にしてではなく、少しづつ変わると信じているので。」と弁明。

明日は日本から友達がやってきます。久しぶりにあえるのが、楽しみー。
[PR]

by my-salad-days | 2005-03-03 11:22 | Exchange
2005年 03月 01日

ブーツカットかタイトか

こないだGAPで買った、裾がブーツカットのジーンズをはいていたら、ルームメイトに「新しいスタイルね」といわれた。彼女曰く、私が日本からもっていったズボンはどれも形がストレートすぎて、こっちの若い人のスタイルじゃないんだって。

大学のキャンパスで、女の子たちのジーンズの裾を観察していると、たしかに、ストレートの子はいない。でも私は、「今更ブーツカットってのもちょっとな(実際はベルボトムに近い広がり様)。。。」と買うときに一瞬躊躇したんだけど、やはりスーザンの感覚では、ズボンの裾は少なくとも広がっていないといけないらしい。

日本で何年か前にはやった、ピチピチのストレッチ、私は大嫌い。今はもうはいている人居ないかもしれないけど、膝下のところまで形があらわになる、あれ。オレンジとか、カーキ色の、あれ。足が細くて長い人だったらいいんだけど、そうでないお嬢さんがはいているのを見ると、やめてーって気がしていた。

フレアーでも、ピチピチストレッチでも、極端なのじゃなくて、適度に丈も幅も余裕のあるストレートジーンズが一番だと思うんだけど。167センチの私でさえ、ヒールのある靴を履ける今は、大変ここちいい。逆に、ヒールのない靴がはけない。

ちなみに、上記のスーザンは私より背が高く、年に何度もフルマラソンをはしる、スポーツガールで、卒業後はニューヨークで某Cグループで働く事になっています。すごい。
[PR]

by my-salad-days | 2005-03-01 16:16 | Exchange