My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Exchange( 130 )


2005年 02月 09日

Back to manual tools

In additon to my PC, my electronic dictionary is working weirdly... Soon turns off. BUT, I have my lovely orange "Cambridge Dictionary", which I used to use in Johanna's class =) Reminds me of the lessons in her modern yet British apartment.
[PR]

by my-salad-days | 2005-02-09 14:08 | Exchange
2005年 02月 09日

Checkmate? Not quite.

AGAIN, my La Vie PC got virus-infected in the library because I was on wireless network... easily targetted, despite the Symantec Anti-virus software installed. What the heck! I have three papers due this week, and the devil did his business on my computer. Well, I will survive! 2 of the 3 are submitted just on time, and for the one remaining, I will, and I must, manage it. C'est la vie, c'est la vie...

So anyone who want to e-mail me, write in any language I can understand, but I will reply you in English. Sorry about that. I may stay off AIM and Messenger for a while as well.

Perhaps I should go shopping on M street... I want to buy a jacket for the spring, face toner from Body Shop or Sephora, and boots on discount before they disappear from the shops.

One thing. I got my first briefing memo back from the Somalia class. B+. Prof's comments: "Very good first paper. Your advice to Lake is clearly presented and proposals concrete. But 4-5 major reccomendations in a short, final paragraph [would be better]. The use of words like "reminders" or "keep in mind" do not sound like crisp, concise recommendations. Keep up the good work. Your English is very good!"

Very good is kind of okeyish. Crisp, concise English, be part of my tongue!
[PR]

by my-salad-days | 2005-02-09 05:46 | Exchange
2005年 02月 07日

中国

に対するイメージ。
中学生のときに読んだ、「ワイルド・スワン」。文化大革命。
高校の時の、漢文の授業。
孟子、孔子、それから「三月記」。
吉川栄治の「三国志」。劉備、孔明。
途切れ途切れに覚えている、中国史。
Wilson の、"Art History of Eastern Asia"

映画で言えば、
「初恋の来た道」
「あの子を探して」 英題"Not One Less"
「バルザックのお針子」
「宋家の三姉妹」

テレビで見かけた、
キュウシュウコウ(漢字がわからない)の青い水。

まだまだ足りないですねー、理解が。
北京に行ってみたい。
何があるのだろう?どんな匂いがするんだろう?
[PR]

by my-salad-days | 2005-02-07 10:40 | Exchange
2005年 02月 06日

Clear View from Lauringer 5th Floor

雲ひとつなく暖かく晴れた土曜日、外に遊びに行くのに絶好な休みなんですが、図書館五階の窓際で一日が暮れてしまいました。図書館の南側はポトマック河に面していて、ウォーターゲートホテルやワシントンメモリアルが遠くに、それに日が暮れると河向こうのロスリンの高層ホテルの夜景がきれいなんです。

週明けの火曜日にブリーフメモランダムが二つ、アメリカのハイチ介入と、日本の領土の基本線についてが、締め切りです。

木曜日には、アメリカ-中国外交についてのプレゼンがあります。7分以下。ジョージタウンで初めてするプレゼンで、しかも院生の人たちや、「中国はかくあるべき、アメリカはそれにどう対処できるのか?中国は二千○○年までに、覇権国家に登りつめ、その権力は戦争を回避してアメリカから移譲できるのか?」とか、まぁ、熱く息巻く人もいるクラスなので、緊張気味。課題図書は、あと残り90ページ。アメリカと中国って、意思が通じることはあるのかね。

とはいっても、あと一時間勉強を頑張ったら、大学であるアカペラコンサートに行ってきます。
[PR]

by my-salad-days | 2005-02-06 08:05 | Exchange
2005年 02月 03日

Embracing Defeat

1999年出版のJohn Dowerのこの本、ずっと積読状態だったのですが、読み始めたら面白い。他に授業の課題図書がたくさんあるけども、しばらくこれにはまりそう。といっても、まだ第一章なので、感想は何もないです。

何も思われてはないと思うけど、ルームメイト達に「何読んでるの?」と聞かれるのがちょっとこわい。さっさと読んでしまおう。
[PR]

by my-salad-days | 2005-02-03 14:35 | Exchange
2005年 01月 30日

Skating at the Sculpture Garden

a0022830_1534258.jpgI went out with my roommates to skate at the
Sculpture Garden near the Smithonian. It was my first time skating. I slipped over so many times that I hit my hands on the ice and they are now purple and soring. But it was so much fun! First my roommates pulled me hands by hands, while I stayed just standing. "Always lean forward! Bend your knees!" This was the advice from Susan. "Do not touch the bar." said I-Fang. Both can skate so gracefully that they can easily follow the stream of skaters.

After more than 10 Shiri-mochi, I gradually learned to slowly move on off the bar. Right-Left-Right- Look forward!

There were little kids skating with their parents, couples side by side, some people were skating even backwards! Also there was this cute little girl dressed up like a pro figure skater, and she can do anything on the ice! Spins, sliding on one foot, backward.

In the evening I went to the New Year's Party for the ICU Alumni who are working in DC. I met people old and young... I was the youngest. There were two Yearbook people who are now working in the World Bank! (Some of my readers... D-san, TM-san might know them.) It was such a co-incidence. We went to drink afterwards, and it was so much fun full of laughter and of advice.

a0022830_15503123.jpg「将来のキャリアがどうなるかとか考えるんじゃなくて、目の前に来たチャンスを必死に追うほうが私はうまく行くと思うよ。自分がエキサイティングだと思うことを、本気になって取り組めばチャンスは必ず回ってくるよ。」



I will have a good sleep after such a long and fruitful day.
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-30 15:45 | Exchange
2005年 01月 29日

Hotel Rwanda

Paul: How can they not intervene? Hundsreds of thousands of people are
dying.
Journalist: If people in the west see this, they will say "Oh my God this is
horrible." and then go on to eat their dinner.

日本では公開されているかな。機会があったら、見に行ってみてください。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-29 10:05 | Exchange
2005年 01月 28日

Hot>Cute>Cool

今日ルームメイトと話していて、人を形容する三つの言葉 Cool, Cute, Hot についての違いを教えてもらいました。男性にも、女性にも同じように当てはまるのだそうです。

He is cool. 
彼はいいひとよ。
出会って少し世間話をした程度でわかる、その人の状態をいうとき。この場合、「いいひと」というだけで、取り立ててどうってことはないけど、まあ知り合って普通だなーという感じだそうです。

He is cute!
彼はかっこいいの。
見かけがハンサムであれば、キュート(ニュアンス的には、このあとにハートマークが続く)と形容してOK.

Oh my gosh! He is sooo hot!
なんと訳していいんだか。彼にメロメロ(笑)ってところでしょうか。
まあ、あばたもえくぼで他の人は目にはいらない状況?!

アメリカでは、Hot>Cute>Cool の順になるんだそうです。
イギリスでは、Cool! で全てを片付けているところがあったので、私も今も Cool! を連発しているんですが、意外なところで意味が伝わっていなかったかもしれない。でも、クールと発音するときの「ク」の音の、かすれるような力の込め方が、私は好きなんですが。

ま、ただの cool girl で終わらないように精進します。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-28 15:28 | Exchange
2005年 01月 27日

箸休め

実家で食べる、きゅうりとなすびの浅漬けが恋しくなって、自分で浅漬けの素を調合してみたら意外とうまく行きました。

ホワイトヴィネガー 150ミリリットル
みりん         大さじ4
かつおだし      1/2 袋
塩           小さじ半分
きゅうり        一本
ベイビーキャロット 好きなだけ
キャベツ       1/6個

1.酢、みりん、かつおだし、塩を器に入れて30秒電子レンジにかけ、温めてまぜる。
2.きゅうりとキャベツを適宜切り、ベイビーキャロットとあわせてタッパーにつめ、上記の浅漬けの素にひたす。
3.冷蔵庫に一晩。

次の朝にはしゃきしゃきの浅漬けができています。あー日本人に生まれてよかった。

最近、食生活がベジタリアン傾向にあります。昨日、今日は獣の肉は食べていません。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-27 17:05 | Exchange
2005年 01月 27日

Black Hawk Down

1993年ソマリアへの軍事介入についてだったら、「ブラックホーク・ダウン」という映画を見てみるといいよ、とソマリア-アフガニスタンのクラスで薦められたので、レンタルして見てみました。映画は2002年製作。

途中で正視できず、市中戦の一部分は早送りしてしまった。ハリウッド映画なので、もちろんアメリカ軍からの視点であり、派手に作ってあるかもはしれないんですが、決してエンターテインメントではない。生々しすぎるから。

もしこれが真実ならば、同じことがイラクの戦闘地域でも起こっているのかな。ああ。

ケネディー政権が、ベトナム戦争を泥沼化させたのは、戦っている相手がアジア人だったから-Cryptoracism-という説明を一つに挙げているThomson(2004)という人がいて、それもそうかもな、と。やはり敵は「やつら」、自分達とは違う、だから戦争ができるんだろうから。

別に結論はないんですが、しばらく深刻になりそうです。

あさっては、友達と「ホテル・ルワンダ」を見に行く予定。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-27 16:56 | Exchange