My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2004年 12月 31日

Hello from New York City

We came down to NYC 3 days ago. This is my first time being in the Big Apple s far as I can remember. A very energetic, exciting, and busy city. I like it.

We visited the Statue of Liberty, WTC (I don't wanna call it Ground Zero, cuz it is not really when considering Hiroshima and Nagasaki), UN, the Central Park, and went to a show by Whoopie Goldberg. Tomorrow we will wait 4 the count down in Times Square.

Year 2004 was full of challenge. I checked my grade for Geopolitics and it turned out to be C! Yey, I didn't fail! This is my second C in my transcript, the other one being the health education in ICU. For the past 3 months I have spent most of my time digesting the concepts of hegemony and the leadership long cycle theory, and still I got C! I am crying for joy! Thank you Prof. Pirtle, I hate you but I love you! I took this class to see if I can survive in this famous/ notorious class, and I did it! Honto ni ure shi ---- =)

This is a quick note from a Korean internet cafe near Empire State Building. My kisses and hugs to my family and my dear friends,

and everyone,

Have a happy new year!
Rai-nen mo yoroshiku onegai shima su!
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-31 12:43 | Exchange
2004年 12月 28日

Hello from Boston

Today was the last day in Boston. We had a snow storm yesterday, it has been really cold, but we marched along the freedom trail. Ame-nimo make-zu, yuki-nimo make-zu.

Toll ships in the harbor were very beautiful in the snow. The Boston Tea Party Ship, which I visited with my family 7 years ago was closed due to "unforeseen circumstance" as the notice board read. Kinda disappointing, but wonder what happened to the ship.

At the end of the day, we were all very tired, but the cram chowder we had at the Quinsy Market was ever so delicious.

We went to "Cambridge" yesterday, where Harvard University is located. Quite different from the original town in England. The COOP bookstore was great, I liked the atmospehere of the bookstore. Wondered if I would come back to study here one day. May be the original Cambridge would be more fun. (Saying is for FREE.)

We will take the Chinatown Bus tomorrow to New York City. This is my first time going to NYC as far as I can remember. We will have fun there!
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-28 16:06 | Exchange
2004年 12月 22日

一夜明けた今日は、天気はよさそうで気温も少し上がっているみたい。
明日から、さらに寒いカナダのケベックと、ボストン、ニューヨークに行ってきます。
クリスマスはケベックで迎えます。
寒いのがちょっと不安だけど、きっと美しい街のはず。

またしばらく、ブログ更新は途絶えると思うので、それでは皆さま

Merry Christmas and a Happy New Year!
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-22 01:37 | Exchange
2004年 12月 21日

寒い。

昨日の夜は初ボタン雪の舞う吹雪でした。ジョージタウンの中庭にある、イエズス会教会のクリスマスツリーが、雪の中で静かにイルミネーションが光っていて、大変きれいでした。

今朝起きたら、道路の水溜りや池の表面が凍っていて、午後になっても解けないまま、一日中寒い天気でした。お世話になったかたがたに、クリスマスカードを書いて投函し、事務手続きを終えて、午後は買い物に行きました。

毛糸の帽子を二個と、アラスカで履けそうなファーブーツ、秋ごろから欲しいなと思っていたバナナリパブリック(日本でいったら、23区みたいなブランドでしょうか)の白いセーター、毛糸の靴下を買って、寒いの防止です。

a0022830_1044851.jpgゆきんこブーツ、大学で女の子がはいているのを見て、何だか雪わらみたいだなーと思っていたのですが、本当に寒いところでは、凍った道を歩いても滑らない温かいブーツが必要なんだよね。今まであまり寒い冬を経験したことがないものだから、どれくらいの寒さに耐えられるか、まだわかりません。このブーツ、いるかわからなかったけど、今日の寒さだったら必ず履くだろうし、日本に帰って私は靴に困る方なので、買ってしまいました。あともうブーツは何足か欲しいところですが。

ワシントンは、また来年一月に学期が始まったころは、今日ぐらいの寒さの日が普通に続くそうです。ううううーーー。
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-21 10:09 | Exchange
2004年 12月 19日

YEEEEEEEEEEEEEHHHHHH!

ジオポリティックスのテスト、終了しました!

とりあえず、できるだけのことはやって受けたテストだから、結果はもう気にしないでおこうと思う。できたら単位もらって、ICUへの単位に変換したいけど、できなかったらそれでも良いや。英語がもっと最初から、勉強にスムースについていけたらよかったけど、学期末の今は、それなりに自信もついたので、良しとすべし。

さーさ、冬休みです!嬉しいなー、これほど休みに入るのが嬉しかった年はないと思う。思う存分遊びます。
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-19 07:26 | Exchange
2004年 12月 18日

Role models

just a quick note,

There are a couple of women that I encountered in my short 22 years of life outside of my house, both of whom I owe quite a lot to.

Ms. Fiona S. during my IVC days
- she brougt me insights of the world affairs. Fair trade. Debt nullification. The Lord of the Flies.

Ms. Shauna S. in my USPS class
- yep, creativity is the very key to make things work! People who can make difference know how to keep creativity with them.
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-18 10:39 | Exchange
2004年 12月 16日

充実感て

生まれて初めて、5000ワードを超えるエッセーを書いて昨日の夜中メールで提出しました。ベトナム戦争の内情を、少し詳しく知ることができました。本当はもっと早く終わらせて、今日の朝九時からあったアメリカ政治システムの勉強もしなきゃいけなかったんだけど、徹夜とビタミン不足のせいで、5時間ほど寝てしまいました。おかげで、政治システムのほうは、うーん、Cかもね。

外国語で勉強するって、効率を考えてはいけないのかもしれないんですが、すごく時間がかかります。リーディングマテリアルをこなして、理解はできても、表現するのに時間と手間がかかる。自分が理解していることを、フルに表現できない、というときのもどかしさ。しかも、私は自信がつくとしゃきしゃき勉強できるほうなので、逆に、こんなもどかしい表現しかできなくていいんだろうか、という自信のなさに気がめいります。かといって、勉強を放棄するわけにも行かないので、気分転換が下手になる。

周りの友人に、肩張ってるよーって、ここでも言われる。(笑。エミ読んでるかしら)余裕ないのね、って言われるんだけど、余裕、本当はのどから手が出るほど欲しいのよ。でも、言葉の壁を乗り越えるのは、やっぱり最初は一人でこつこつ辞書を引くしかないし、時間がかかるけど締め切りはやってくるし、でも人間関係は生ものでタイミングが重要だし。「典型的」日本人であるという枠から、自分を解き放ちたいのです。自分の存在をつたない表現で終わらせたくないのです。が、少しでも多くの言葉を自分のポケットにしまおうとすると、七転八倒で。体をこわばらせず、勉強に浸るにはどうしたらいいのかね。まだまだ緊張は解けません。でも、どうでもいいって考えたくないから、あきらめられないんだよねぇ。

ルームメイトの、ギターと歌声が隣の部屋から響いてきます。彼女は最近アイポッドを買ったんだけど、私もクリスマス+誕生日お祝いに、自分にアイポッドミニ(断然グリーン)を買おうかな。

さー、あと一個、土曜日にジオポリティックスがあって今学期が終わりです。ギルピン、カプチャン、タムネン、オルガンスキー、アイケンベリー、ミアシャイマー、ウォーラーステイン、ラスラー&トンプソン、ウォルツ、今学期一番時間を費やした授業です。最後は笑顔で終わらせようではないか。
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-16 01:55 | Exchange
2004年 12月 14日

青年海外協力隊なんてどうだろう?

目標がないと後にも先にも進めない人間ですが、そろそろ潮時のようです。ちょこちょこっと思いついた、卒業後の進路のチョイスを、書き留めてみようかと思います。

①直接日本の大学院に進む
でも、今やっている分野で、院でも続けて勉強するのか?開発や人道支援にシフトを移すのか?

②アメリカの大学院に戻ってくる
この場合、ジョージタウンに戻れたら素敵。学費高いけど。二年間のコースで、きっとベンツが一台買えてしまいます。しかも、将来つく仕事は、ガチガチの外交関係になると思う。

③CIEEのベトナムプログラム?北京?
4ヶ月間のプログラムで、ハノイでベトナム文化や農村の開発を学ぶ。北京で一から中国語の勉強をする?

④青年海外協力隊?
今の周りの友達では、ストレートに就職せずに、大手証券会社からのオファーをけって、二年間アメリカの貧困地区の小学校で、子供達の読み書きの手伝いをする、という人もいます。JETプログラム(修猷にも来ていた、ALTで英語の先生をするやつね)に申し込んでる人もいる。私も、体力と頭脳を奉仕して、中米やアフリカで青年海外協力隊に参加するのはどうだろう?確か、予備研修では生きた鶏をさばいて調理しないといけないんだけど、これは私にはできるだろうか。

⑤JICAの秋採用(5人枠)を受ける!
しかし、学部卒で採ってくれるものやら?

⑥一般企業に就職。
来年夏に帰国してから、二次採用を受ける。これまで4年間、ジョージタウン留学から帰国した先輩方は、皆帰国後数週間で、ポンポンとオファーが来ている。

まー、1から6まで、思いつくままに書いただけなので、あまり深くはおののかんどいて下さいね。特に父上母上。
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-14 16:21 | Exchange
2004年 12月 11日

幸せについて考えてみる。

なにやら哲学的な題になってしまいましたが、ワシントンは雨降りの金曜日、テスト勉強はちょっと横においておいて、幸せについて考えて見ます。うまく行かないペーパーを、とりあえず提出して、一区切りしたから、ちょっと気分転換。

幸せって、欠乏感がないことかな。つまりは、満ち足りることを知っている状態。その人にとって当たり前なことが当然として起こっている状態。飢えてガツガツしていない状態。大体、ものを生み出すことができる人は、幸せを知っているのではないか。

「当たり前のことが当然としてappreciateされている」みたいで、良かった。
If you wanna be happy, make yourself happy. これは、大変harshな言葉に聞こえるけども、それが感じられるから、安心しました。このブログを読んでいるかはわからないけど、まー一方的な理解だけど、いいさ。:D

よく訳のわからない、しかも英日チャンポンな文章ですみません。今晩は、ルームメイト達が誕生日お祝いにディナーに連れて行ってくれる予定であります。もうすぐ22歳、より豊かな日々を送れますように。
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-11 01:07 | Exchange
2004年 12月 10日

Le President de Timor de L'Est

一昨日はジョージタウンの東アジア研究科の主催で、東ティモールの大統領が公演に来たので聞きに行って来ました。場所は今では特別な機会にしか公開されないリッグスライブラリーで、一度中に入ってみたいと思っていたので、行ってみました。(なんだか、こないだのボランティアといい、今回の公演といい、場所に惹かれていってみるっていうのばかりですね。)

東ティモールの大統領は、インドネシア政府により自宅監禁や禁固刑にあい、雪辱の年月を過ごした後に、独立を勝ち取ったという、東ティモール独立そのもののような方でした。東ティモールでは、65歳以上の人口が全体の2パーセントしかおらず、20歳以下の人口が半分を占めているそうです。ペーパーを読み上げるような公演の後に続いた、質問セッションは、大変大統領の人柄がにじみ出ていて面白かったです。独立の父は、英語なんていう言葉の枠を超えた、カリスマをもっていました。独立後の現在、東ティモールではインドネシアのバーサ語ではなく、植民地時代のポルトガル語を公用語に設定したのですが、普通の東ティモール住民が話す言葉はバーサ語らしい。で、なぜそれでもポルトガル語なのかというと、インドネシアではない、独立した国だというアイデンティティーを示すためだ、と。きっとこの話は、スタインバーグ教授(今学期取っていた「東・東南アジアの政治の正当性とアイデンティティー」の先生)のお気に入りの話になることと思います。

今学期取った東アジア関係の授業の教授や、先日のボランティアで出会った人々は、アメリカ国務省の元お役人さんが多いのですが、今回の大統領の講演ではぜんぜん違う視点で東ティモールに出会えた気がして、面白かったです。ま、違って当然なんだけど、大学の教室で勉強してばかりいると、まったく井の中の蛙になるなーと、改めて感じたのでした。

リッグズライブラリーは、階段つきの金箔の本棚と、窓から見えるポトマック河岸の夜景が、大変美しかった。ここで実際に生徒が勉強していたころは、もっとジョージタウンの生徒数も少なかったのでしょうか。上のリンクの写真は、ちょっと古ぼけていますが、ジョージタウン大学のホームページの上のほうに載っている写真が、一部ですが色もきれいに見えています。
[PR]

by my-salad-days | 2004-12-10 06:52 | Exchange