My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 30日

Skating at the Sculpture Garden

a0022830_1534258.jpgI went out with my roommates to skate at the
Sculpture Garden near the Smithonian. It was my first time skating. I slipped over so many times that I hit my hands on the ice and they are now purple and soring. But it was so much fun! First my roommates pulled me hands by hands, while I stayed just standing. "Always lean forward! Bend your knees!" This was the advice from Susan. "Do not touch the bar." said I-Fang. Both can skate so gracefully that they can easily follow the stream of skaters.

After more than 10 Shiri-mochi, I gradually learned to slowly move on off the bar. Right-Left-Right- Look forward!

There were little kids skating with their parents, couples side by side, some people were skating even backwards! Also there was this cute little girl dressed up like a pro figure skater, and she can do anything on the ice! Spins, sliding on one foot, backward.

In the evening I went to the New Year's Party for the ICU Alumni who are working in DC. I met people old and young... I was the youngest. There were two Yearbook people who are now working in the World Bank! (Some of my readers... D-san, TM-san might know them.) It was such a co-incidence. We went to drink afterwards, and it was so much fun full of laughter and of advice.

a0022830_15503123.jpg「将来のキャリアがどうなるかとか考えるんじゃなくて、目の前に来たチャンスを必死に追うほうが私はうまく行くと思うよ。自分がエキサイティングだと思うことを、本気になって取り組めばチャンスは必ず回ってくるよ。」



I will have a good sleep after such a long and fruitful day.
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-30 15:45 | Exchange
2005年 01月 29日

Hotel Rwanda

Paul: How can they not intervene? Hundsreds of thousands of people are
dying.
Journalist: If people in the west see this, they will say "Oh my God this is
horrible." and then go on to eat their dinner.

日本では公開されているかな。機会があったら、見に行ってみてください。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-29 10:05 | Exchange
2005年 01月 28日

Hot>Cute>Cool

今日ルームメイトと話していて、人を形容する三つの言葉 Cool, Cute, Hot についての違いを教えてもらいました。男性にも、女性にも同じように当てはまるのだそうです。

He is cool. 
彼はいいひとよ。
出会って少し世間話をした程度でわかる、その人の状態をいうとき。この場合、「いいひと」というだけで、取り立ててどうってことはないけど、まあ知り合って普通だなーという感じだそうです。

He is cute!
彼はかっこいいの。
見かけがハンサムであれば、キュート(ニュアンス的には、このあとにハートマークが続く)と形容してOK.

Oh my gosh! He is sooo hot!
なんと訳していいんだか。彼にメロメロ(笑)ってところでしょうか。
まあ、あばたもえくぼで他の人は目にはいらない状況?!

アメリカでは、Hot>Cute>Cool の順になるんだそうです。
イギリスでは、Cool! で全てを片付けているところがあったので、私も今も Cool! を連発しているんですが、意外なところで意味が伝わっていなかったかもしれない。でも、クールと発音するときの「ク」の音の、かすれるような力の込め方が、私は好きなんですが。

ま、ただの cool girl で終わらないように精進します。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-28 15:28 | Exchange
2005年 01月 27日

箸休め

実家で食べる、きゅうりとなすびの浅漬けが恋しくなって、自分で浅漬けの素を調合してみたら意外とうまく行きました。

ホワイトヴィネガー 150ミリリットル
みりん         大さじ4
かつおだし      1/2 袋
塩           小さじ半分
きゅうり        一本
ベイビーキャロット 好きなだけ
キャベツ       1/6個

1.酢、みりん、かつおだし、塩を器に入れて30秒電子レンジにかけ、温めてまぜる。
2.きゅうりとキャベツを適宜切り、ベイビーキャロットとあわせてタッパーにつめ、上記の浅漬けの素にひたす。
3.冷蔵庫に一晩。

次の朝にはしゃきしゃきの浅漬けができています。あー日本人に生まれてよかった。

最近、食生活がベジタリアン傾向にあります。昨日、今日は獣の肉は食べていません。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-27 17:05 | Exchange
2005年 01月 27日

Black Hawk Down

1993年ソマリアへの軍事介入についてだったら、「ブラックホーク・ダウン」という映画を見てみるといいよ、とソマリア-アフガニスタンのクラスで薦められたので、レンタルして見てみました。映画は2002年製作。

途中で正視できず、市中戦の一部分は早送りしてしまった。ハリウッド映画なので、もちろんアメリカ軍からの視点であり、派手に作ってあるかもはしれないんですが、決してエンターテインメントではない。生々しすぎるから。

もしこれが真実ならば、同じことがイラクの戦闘地域でも起こっているのかな。ああ。

ケネディー政権が、ベトナム戦争を泥沼化させたのは、戦っている相手がアジア人だったから-Cryptoracism-という説明を一つに挙げているThomson(2004)という人がいて、それもそうかもな、と。やはり敵は「やつら」、自分達とは違う、だから戦争ができるんだろうから。

別に結論はないんですが、しばらく深刻になりそうです。

あさっては、友達と「ホテル・ルワンダ」を見に行く予定。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-27 16:56 | Exchange
2005年 01月 27日

Political Geography of Oceans

去年の夏に、島根であった海洋関係のセミナーで得た知識をもうちょっと整理したいと思って、今学期は「海洋の政治地理」という授業を取っています。教授は米国国務省に勤めているスミス先生。話し方も姿勢も、大変にアメリカ人です。

内容は、まだあまり深いところまで行っていないから評価できないけど、国連海洋法条約をベースに、海洋の地理、政治、経済、環境について考えようというもの。毎週、ブリーフメモが宿題として課されます。学期の途中には、国務省の海洋科(名前は不明)に連れて行ってくれるのだそうです。わーい。地球上の海の状況を全てモニターで表示しているパネルも見れるんだそうです。

今学期は、先日書いたソマリア-アフガニスタンのクラスでも、ブリーフ(状況内容整理)メモかポリシー(政策進言)メモが毎週あるので、常に読み考えてないといけなさそうです。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-27 16:12 | Exchange
2005年 01月 26日

リンク!

このページとリンクを貼りたい方は、ご一報ください。

普通の女子大生らしからぬ、肩肘張った国際政治の話を書いているブログをリンクに貼ることによる、あなたへのダメージについては保障できませんが(笑)。

もうちょっと、普通のアメリカの生活について書いたほうがいいのかしら?例えば、アメリカのアイスクリームについてとか?お決まりの恋話とか?ショッピングの話とか?

うーん、それよりDCで見た聞いた、ちょっとpeculiarな話のほうが断然面白いと思うので、私らしく行かせていただきます。

そうそう、DCの水道水は生では飲めないってことを前書いたと思いますが、最近はミネラルウォーターに払うお金が勿体無いし、ボトルを抱えて三階のアパートに上がるのが面倒くさくなってきたので、水は水道水を沸かして飲んでいます。体内の鉛濃度が上がっているかも。ルームメイトは4人中私も含めて2人、水道水を飲んでいますが、二人とも元気なので死ぬことはないでしょう。ちょっと匂いがするけどね。なので、紅茶、ハーブティー、コーヒーにして飲んでいるので、茶葉・コーヒー豆をたくさん消費しています。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-26 11:44 | Exchange
2005年 01月 26日

From Somalia to Afghanistan: A New World

今学期とっている授業の一つは、もと米国大使で海軍従軍経験もあるホームズ教授の、「ソマリアからアフガニスタンへ:新たな世界」という題の少人数形式(全部で生徒は15人)セミナーです。

アジア人は私一人で、最初の授業のとき「アヤコは誰だ?」と聞かれ、ちょうど教授の隣に座っていたので手を上げたついでに握手し、"Nice to see you!" という、あまり教室内ではしない挨拶をしてしまったのが功を奏したのか(クラスメートは失笑)、先生が色々と気にかけてくれている(ような)気がする。小さいクラスなので、もちろん、教授は全員の名前と顔を覚えてくれようとしているようですが。

授業の内容は、アメリカの軍事侵攻と、その後の国家構築の諸問題について。第二次世界大戦中のイタリア・フランス・北部アフリカに始まり、パナマ、クウェート、1991年の北部イラク、ソマリア、バルカン半島、アフガニスタン、それから今回のイラク戦争。

もちろんこの授業では、アメリカが軍事侵攻することの正当性はあまりとわれず。「民主主義をもたらすため」「アメリカの国防のため」「人道的視点から」と理由付けはされていますが、とりあえず軍事的に現地を制圧したあと、どのように「民主的国家」を構築するかというプロセスを過去から学び、将来に生かそうというクラスです。

リーディングは、先学期随分苦しんだおかげで、てきぱき読めるようになったかも。まだ学期の始まりなので、これからあとどんな風になるかわからないけど。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-26 02:33 | Exchange
2005年 01月 26日

リンク?

なんだか閉鎖的に作ったこのブログなんですが、(知り合いに個人的にしかURL教えていないし)、高校時代の友人にリンクをはってもらったのでこのページにも貼りたいのだが、やり方がわからない。

どげんすればよかとですか?
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-26 02:16 | 日誌
2005年 01月 21日

今日はブッシュ大統領の就任式

a0022830_11544091.jpgだったので、ジョージタウン大学は休講になりました。キャピトルヒル(アメリカ合衆国上院・下院議会)での大統領宣誓式、ヒルからホワイトハウスまでのパレード、それから夜は就任式ボール(ダンスパーティー)で、ワシントンの街はざわめいています。

選挙権のある市民は、自分の出身の州の議員に頼んで、宣誓式やパレードを間近でみるためのチケットを入手できるのですが、外国人の私はそのような伝手がなかったので、とにもかくにも大学からホワイトハウスのほうまで歩いてすすんでいきました。距離の感覚は、福岡の西新から大濠公園ぐらいかしら。(東京・横浜っ子にはわからん感覚でごめん。月島-築地間ぐらいかしら。これもまたちょっとマニアックですが。)

a0022830_11572372.jpgキャピトルヒルからホワイトハウスへとつながるペンシルバニア通りを中心に、セキュリティーチェックが厳しく、いたるところにポリスマンが居り、フェンスと警備隊(黒ヘルメット・黒防具)の壁を乗り越えてパレードにすら近づくことはできませんでした。だから、11th st.のあたりで、フェンスに沿って遠くからパレードを見ようと思い歩いていたら、なかなか大手メディアには正面からは取り上げられない光景を目にしました。柵の外側で。

アンチ・ブッシュのデモンストレーションの一団です。明らかに、標準のワシントニアン(ゾウ派=共和党にせよロバ派=民主党にせよ、ビシッとスーツを着込んだ政治の街の住人のイメージ)とは違う毛並みの人々で、ヒッピー、革ジャケット+覆面をつけた若い男の子達、反核のマークを頬に塗り虹色の旗を体に巻いた人や、"Turn your back on Bush"という赤いT-shirtを着た人々でした。反イラク戦争、去年の11月の選挙結果への不満、また雇用不足や国内の貧困問題を訴えたりしてプロテストしていました。 "Bush is a terrorist, Cheney is an *ss hole!"と叫びながら、柵の内側に立っている警察官達に雪の玉を投げつけたり、物(星条旗だったかはわからない)を燃やしたり、国旗に包んだ棺桶も見えました。警官達が柵の側から離れた一瞬、この人たちがワーッと柵に駆け寄ってガシャガシャと鉄の柵を揺らして壊そうとすると、催涙ガスが撒かれ、とたんに人々の喚き声が強くなり、かがみこんで咳き込む人や逃げる人でその場に緊張が走りました。私は少し離れたところに立っていたので、まともにガスを吸い込むことはなかったけど、ボケッとしていたら巻き込まれるところでした。

そうこうするうちに、柵のむこうではマーチングバンドの一団や大統領や副大統領を乗せた車が通っていき、柵の内側と外側で歓声と叫び声が交錯し、混乱の中でパレードが終わりました。遠くで人ごみを通して見ただけだから、よくわからないけど、車はオープンカーではなかったと思う。

パレードの終了後、体が相当冷えていたので、5ブロックほど離れたスタバでコーヒーを飲んでいたら、マーチングバンドだけがホワイトハウスからカフェの前を行進してきました。陸・海・空軍のミリタリーバンドに続いて、テキサス、それからミシシッピーの市民バンドがそれぞれ100人づつぐらい。市民バンドはさておき、軍のバンドでは小楽隊にあわせて銃を下げた灰色の一団が足音高く通って行きました。

今日のワシントンポストの評では、この就任式のテーマは"celebration of the military" で、やはりこの国は戦争中なんですよね。ジョージタウン大学の学部にはMilitary Science という科目もあるし、迷彩服の兵士を構内で見かけることも時々あるし、私が今学期取っている授業はDepartment of Defence (DOD)やCIAに勤めたことのある教授が教えているし、同じクラスには卒業後は海軍に入るというクラスメートもいたりするのですが、今日の軍マーチングバンドは非常に違和感というか恐怖感があったな。映画のワンシーンのようだったから。

書きたいことはたくさんあり、一方で就任式なんてただの式典といえばそうなんですが、いっぺんに書き出せそうにないです。CNNやワシントンポストのウェブからは見えない、私から見た就任式の側面ということで、理解してください。
[PR]

by my-salad-days | 2005-01-21 11:31 | Exchange