My salad days in Washington, D.C.

quotidien.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 14日

My salad days never end, but

ちょうど10ヶ月前、DCに知り合いは一人も居ないまま留学に来て、「それでもきっと困ったら誰かが助けてくれるさ」って楽天的な気持ちで飛行機に乗った。英語圏とはいえ、長期一人で外国に行くのは初めて。英語は困らないはずだけど、実際にそれからの留学生活がどんな風になっていくのかも、予測がつかなかった。

日本の大学で、何だか将来も勉強も、自分の立場も閉塞感に覆われていたから、たった10ヶ月の留学も、そんなに大した事ないんじゃないかって、思っていた。ところがそれは大間違い。新しく学ぶことが山のようにあり、人に出会うのがこんなに楽しいってことを、一年前は知らなかったと思う。

留学での大きな収穫は、自分に自信を取り戻したということかしら。肩肘を張って頑張る時期もあるけれど、そればっかりで物事がスムーズに進むわけではない。一旦体の緊張を解いて、状況を楽しんで出来る所から片付けていく、という心構えがどうしても必要。それは、一緒に日本の他の大学から来ている交換留学生の友達や、リエさんから見習ったやりかただった。物事は、悪くとらえればとことんネガティブ螺旋を巻き始めるし、それがほとんど命取りになることもあると思う。Manageしなさい、Manage!っていうのが、ICUに入ってすぐに受けた経営学の授業で、ムーミン教授が言っていたことだけれども、なんとかしてマネージするには、長期的にはPositive & Creative Thinkingが不可欠だ。来てすぐの秋学期の授業では、TAだったShaunaに創造性の大切さを思い出させてもらったと思う。

それから、いつも会うたびにもっとassertiveになるんだよ、と背中を押してくれた Scott、you are a great guide into the American society and its culture. I don't think I always deserved to be that assertive, but your encouragement gave me strength.

D, we fought through Geopolitics and other hard core classes, and we did it. You are my buddy.

長い間同じ部屋に眠ったAnne, このページ日本語で書いているから読めないけど、We were the best match, that's what I wanted to say over the phone. We are so different, but we matched so nicely.

出会いは人を豊かにするね。10ヶ月前には全く知らなかった人々が、今は私のDC生活の一部なんだもの。これからも、よろしくお願いします。

明日、6月14日のお昼12:20発、全日空便NH001で成田に行きます。東京に着くのは15日の夕方3:20。あと24時間後には、東京に居るのだ。

始めてから約一年経ったこの My Salad Days、実は今日で終わりにしようと思っています。今まで毎日見てくれていた私の友達、どうもありがとう。これからは、ブログを介さなくても多くの友達とコミュニュケーションをもっと取っていきたいと思っているよ。

And last, my special thanks go to my parents and my sisters. Thank you for your financial support, I can say I got more than you invested. I cannot wait to go home. Home, home!
[PR]

by my-salad-days | 2005-06-14 15:26 | Exchange
2005年 06月 12日

熱い夏を!

ここ一週間、蒸し暑い日が続いている。本当に、夏が来たっ!

今年の夏は、大学卒業後の進路のための準備期間でもあるし、また日本での生活のリアジャストメント期間でもあります。留学中に学んだ大きなことは、いかに自分のモチベーションを高く持ち続けるか(継続が重要)、チャレンジを楽しむこと、人との出会いを大切にすること、でも心の余裕を忘れないこと。

東京に帰るの、心のうちを言うと怖いんです。場所が無い、人情が無い、スマイルが足らない。そして言葉も理解も足らない。でも目的を達成するまでは、居続けるしか無いわね。

明日は最後のDCでの日曜日、本当はフィラデルフィアに行こうかと思ったけど、やっぱりホームで過ごします。靴やサンダルをたくさん買って帰らないと。
[PR]

by my-salad-days | 2005-06-12 13:58 | Exchange
2005年 06月 09日

Choose your way as you want it.

気づけば、先月の5月11日に始めたインターンシップも、あと2日を残すだけになりました。今夜は、インターン全員を、ビューローチーフが夕食に連れて行って下さいました。いつもは忙しいチーフを四人占めにして、ゆっくりお話が出来たので、楽しかった。最初の応募時の面接で、チーフには矢継ぎ早に質問をされ、緊張している上に敬語がすらすら出てこない、という恐怖心から、始めのうちはオフィスにファックスを届けるだけでビクビクしていたのですが、最近は随分チーフの人間像が少し見えて来たような気がしています。記者経験の思い出、ロシアの政治文化について、大学時代のこととか、色々お話を聞けました。

最初は、私はジャーナリスト第一志望というわけでもなく、頂いたチャンスだからとりあえず挑戦してみよう、という感じで始めたインターンでしたが、絶対に私に必要な一ヶ月だったな。日本の新聞社とはいえ、海外支局だから随分、日本社会的な制約を受けること無く色々とやらせてもらったとは思うんだけど、働く自分の像を少しでも想像できたし、とっとと仕事をする、っていう精神みたいなものも、分った(ような気がする)からね。

来週の今頃は、もう東京に着いています。信じられないけど、そろそろ、とりあえずの潮時だな。


<追伸>  今日見たケッタイなもの。
Metroの駅で地下鉄を待っていたら、無人の列車がすーっと入って来て、停まる。最前車両のドアが開き、マシンガンを持った屈強な男二人ががドアを防備している。銀の箱のカートを、三人抱えで押しながら、開いたドアに積み込む。すると、ガンメンも乗り込んで、列車は去っていきました。
今のなんだったの?と、側にいたおいちゃんに尋ねたら、Money Trainっていうのさ、という答え。どうやら、夜の10時頃、駅での売上金を回収する列車らしい。でも、あんな物騒なマシンガンでガードしなくてもねぇ。本物を見たのは初めてでした。メトロがハイジャックされたかと思ったよ。有りえない話じゃないからねぇ。
[PR]

by my-salad-days | 2005-06-09 11:59 | Internship
2005年 06月 05日

Read the sign. Be ready to decide on it.

そろそろ、日本に帰ってからのことを考え始めました。10ヶ月ぶりの東京。たった10ヶ月。でも、長い時間だったな。DCでの生活が、こんなにも期待に満ちて、楽しいものだったので、日本に帰ってからは、またretrospectiveに感傷的にならないように、前を向いて歩いていこうと思います。

今週のヒットな二言
1. インターン先の、美人なアシスタントレポーターの方
「自分をきれいにしていると、ちゃんとそれは自分に返ってくるものなのよ。」

2. 姉のような、友達のような、ただの先輩ではない、my role model
「そこを一段、ステップアップして大人になれるといいね」

両方ともに、素直に「はい」と頷くしかないです。
[PR]

by my-salad-days | 2005-06-05 14:28 | Exchange
2005年 06月 02日

今日は

願いが叶って、インターン先では随分オフィスの外に行かせてもらいました。国務省との間を二度往復。(といっても、タクシーで移動なので、全然楽なんですけど。)バウチャーさんの最後のブリーフィングに連れて行ってもらいました。それから、US-EU Relationsに関するブリーフィングにも付いていきました。その後、日本のMOFAの局長が国務省入りするのを、私のボスが来るまで、他の日本のTV局のカメラ係の人たちと一緒に待機させてもらいました。(でも最初に入っていくときだったから、取り囲んで発言を録音テープで撮る、なんていうことにはならなかったんだけどね。笑)

夜は、同じくDC内のFoggy Bottom(国務省の別名)にある、George Washington University(皆、GWと呼ぶ。)に行ってきました。The Elliott School of International Relationsが主催した、中国人の大学院生を対象としたプログラムにいき、クリントン政権時代に中国大使をしていた、Susser元議員の話を聞く。Susserの話自体は、あまり時事問題にはつながりが無かったので、新聞社的には収穫は少なかったみたいだけれども、教室のような雰囲気に、私は個人的に一学生として、学校に戻るっていいなと思った。

その後のレセプションでは、中国人の若い人と話す機会が出来て、もちろん私は中国語を話せないので、英語で通したけれど、中国語を始めるモチベーションが上がる。それからGWに行くのは初めてだったけど、GeorgetownとGWと、院のプログラムはどっちが良いんだろうと思う。GWの方が、国務省に近く、一方Georgetownの方が、歴史は長くて格式を重んじる感じなんだよね。

最近、少量のアルコールで酔いが回ってしまうのが、なんとも情けない。グラス一杯のワインしか飲まなかったけど、結構酔ってしまったかもしれない。もうちょっとお酒のキャパシティーを伸ばしたい。多分、まだ慣れれば飲めるはず。学期中はほとんど飲む機会がなかったからね〜。

<帰国予定>6月15日に東京に着きます。DCからひとっ飛び。潔く帰らないと、どうも長っ尻になりそう。
[PR]

by my-salad-days | 2005-06-02 14:06 | Internship